Rocket Servergraph

ストレージ監視とキャパシティー・プランニング
バックアップで重要なデータを保護する

IBM Spectrum Protect(以前のTivoli System Manager)とマルチベンダーのストレージ製品が混在したストレージ環境においても、Rocket Servergraphはバックアップ環境で何が起こっているのかを簡単に理解できます。クラウドを含むベンダーやストレージデバイスをサポートすることで、重要なデータがキャパシティーの脅威にさらされていないことを確保できます。 ピーク時のパフォーマンスを確保するだけでなく、毎日のバックアップとアラートを自動化して、SLAの順守を文書化すると同時に、問題がビジネスに影響を及ぼす前に特定することもできます。あらかじめ定義されたレポートは、トレンドとプロジェクトの増加を把握し、費用のかかるギリギリでの購入を削減します。

Rocket Servergraph

お使いのお客様

Boeing

TWC Spectrum

BNP Paribas

Sutter Health

Fiserv

Kaiser Permanente

Costco

Charles Schwab

ビジネスに影響を与える前に問題を特定し解決する

キャパシティーの不足は、アプリケーション全体の可用性とパフォーマンスに影響する可能性があります。Servergraphは、ストレージの使用状況を継続的に監視し予測することで、ストレージデバイスがパフォーマンスの問題の根本原因にならないようにします。VTL、スケジューラ、テープ、ディスクなど 30種類以上に及ぶさまざまなデータ保護環境やストレージデバイスをサポートしています。集中コンソールは、ビジネスユニットや、地域、その他のカテゴリ毎のストレージの指標のエンド・ツー・エンドのレポートを提供します。

Servergraphが問題を特定すると、根本的な原因を一目で把握し、パフォーマンスの詳細をドリルダウンできます。

 

「ServergraphとMSPを組み合わせることで、平均して年間30-50%のコスト削減を顧客に示すことができました。」

— Darren Sanders

Principal Consultant
Celerity

監査準備の簡素化

ほとんどの企業のバックアップ環境は、ざまなベンダーの複数のツールセット、スケジューラ、ストレージ環境が含まれています。そのような環境では、ガバナンスとコンプライアンスの要件を満たすことは、エンドツーエンドのレポート作成に必要な厳格さとビジネスチャンスのバランスを取るために苦労している多くの組織にとって難しい課題です。

Servergraphのベストプラクティスと自動化の組み合わせにより、社外向けと社内向けの文書化とレポート作成が簡単になり、ITスタッフは業務に専念できます。

ストレージのキャパシティー・プランニングを改善し、ROIに直結

ストレージが不足すると、重要なアプリケーションのパフォーマンス、コストのかかる停止、ユーザーの怒りに影響を与える可能性があります。Servergraphを使用すると、ストレージの問題を診断しながら、ストレージに依存するアプリケーションのパフォーマンスを最適化できます。

キャパシティー・プランニングと予測のためにスプレッドシートで手動でデータを収集するだけでは時間がかかるだけでなく、効果がないこともよくあります。強力なレポート機能を備えたストレージ監視ツールがなければ、トレンドや散発的なストレージ消費を特定するのは難しいことです。Servergraphは、キャパシティーの計画と予算の計画において重要な役割を果たすストレージ利用率とトレンドレポートの作成を自動化します。Servergraphを使用すると、キャパシティーの限界に近づいていることを容易に特定でき、ボトルネックに対処し、ギリギリでの購入にかかるコストを抑えることができます。

簡単にカスタムレポートを作成

Rocket Servergraphには何百もの標準レポートとダッシュボードが含まれています。特定の利用者のためにレポートを簡単にカスタマイズすることができ、最も関心のあるビジネス要件に焦点を当て、レポートをアプリケーション、ポリシー、地域、部署などに特化させることができます。

IT管​​理者は、責任領域の最上位レベルの要約を表示したり、関心のあるレイヤーやアセットからデータをドリルダウンすることができます。このレポートは簡単にセットアップし、操作することができ、データセンターのスタッフの負担を軽減し、専門家でなくても、ヘルプデスクのスタッフでもレポートを作成し、バックアップの稼動状況を確認することができます。

Rocket Servergraphのプロアクティブな管理:
  • IBM、Veritas、Dell EMC、Veeam、Commvaultなどのデータ保護アプリケーション
  • Dell EMC、IBM、Hitachiなどの重複排除デバイス
  • IBM、Dell EMC、NetApp、HP、Huaweiのストレージデバイス
  • IBM、CA Technologies、BMC Software、OpConのワークロード自動化ソリューション
  • MicrosoftおよびAmazon Webサービスのクラウドストレージ

サポートされているソリューションの詳細なリストについては、技術仕様をご覧ください。