Rocket AS

IBM Z 向けの照会、レポート作成、可視化、アプリケーション開発

Rocket® AS ソフトウェアを使用すると、必要なデータにすばやくアクセスし、データを分析、解釈してビジネスへの知見を得ることができ、美しく魅力的で効率のよいシンプルな方法でその知見を提示できます。さらに、ASでは、これらの機能を独自の基幹業務アプリケーションに組み込んで、他のシステムやアプリケーションと統合することができます。

Multiple charts showing key details of z/OS
IBM Z データの潜在能力を最大限に引き出す

Rocket AS は、IBM Z メインフレーム・データへの包括的なアクセスを提供します。Db2(ローカルまたはリモートのメインフレームシステムに関係なく)などのリレーショナル・データベース、外部ファイルやVSAMなどの非リレーショナルなデータソースにアクセスします。メインフレーム・データへの包括的なアクセスが可能になるため、ソースに関係なくデータを使用可能な情報に変換できます。

Rocket AS は、z/OS および z/VM オペレーティング・システム上の IBM Z 環境で動作し、17ヶ国語で使用できます。また、マルチプラットフォーム・クライアント用の「インテリジェント・サーバー」としても機能します。ASには、アプリケーションの開発と実行に、3270 ベースおよび Eclipse ベースのユーザー・インターフェースを使用できます。AS 4GL 言語で提供される豊富なアプリケーション開発機能により、3270 および Windows のユーザーが同様に使用できる優れた IBM Z アプリケーションを作成できます。

Rocket AS の強力なツールを使用すると、データをメインフレームや PC クライアントで使用できる情報に変換できます。AS は、単純な照会から多次元データ分析まで、幅広いタスクを処理することができます。また、高度な統計機能、強力な線形計画とモデリング、プロジェクト管理機能を持っています。さらに、ASを使用して、カスタム分析プロシージャーを構築し、データ分析と反復タスクを自動化することができます。これらの自動化により、データを効率的に処理し、ご自身、組織、会社の作業を迅速化できます。

クライアント/サーバー向けなど、カスタマイズ・ソリューションの作成

Rocket AS を使用すると、手軽に照会やデータ分析を行い、アドホックまたは定型のレポートを簡単に作成できます。その後、AS のテキスト処理機能を使って、読みやすいプロフェッショナルな文書を作成することができます。さらに、チャート、絵文字、イラスト、アイコンも文書に加えることができます。これらすべてを、メインフレームまたは PC 上で行うことができます。

AS を市販の PC ソフトウェアと組み合わせて、さらに便利に使うことができます。AS はデータを選択して分析することができるため、本当に必要なデータだけを選び、メインフレームから PC のプログラムに渡すことができます。そして、Windows、Linux、Unix 上で Web 製品などをクライアントとして使い、AS からの情報を使用することができます。

.Net、Java、ODBC、ActiveXなどのPCとの連携機能により、カスタムメイドのクライアント/サーバーソリューションを構築できます。ASは、PC上でパラメータを入力し、メインフレームで情報を生成し、PCアプリケーションに結果をすぐに取り込むシンプルな方法を提供します。ASを使用すると、作成できるメインフレームとクライアント/サーバーソリューションのタイプはほとんど無限です!

ASは、Rocket AS Multiplatform のGUIやメインフレーム・クライアントなどの幅広いクライアントからの強力な開発ツールへのアクセスを提供します。さらに、お使いの PC 製品を上述の連携機能の一つを備えたクライアントとして使用することもできます。さらに、ASは、ODBCや、HTML、CSV、DDE、FTP、クリップボード、ActiveXによる情報交換をサポートしています。

Questions? Call us: U.S. +1 855-577-4323