コンプライアンス・ソリューション

監視とレポート

すべてのシステムアクティビティは、堅牢なレポート作成機能とアラート機能によって完全に記録し、サポートする必要があります。これにより、システムユーザが実行するすべてのアクションと、不正または不適切なアクティビティを検出することができます。

リアルタイムアラートとスケジュールされたレポート作成

Rocket® Servergraphは、すべてのバックアップアプリケーションのログを統合して、効果的な集中管理を実現します。リアルタイムのアラートとレポートは、レビュー担当者に自動配信するようにスケジュールできます。これには、バックアップジョブの状態通知とサーバーの状態監視が含まれます。構成可能なレポートを使って、バックアップ・エラーからディスク領域アラートまで、通知を生成する特定のアクティビティや閾値を定義できます。また、自動配布により、これらの問題に対する監視を効率化します。

Rocket Servergraphは、必要なあらゆる種類のログをアーカイブします。保存期間は任意の期間に設定できます。これにより、監査者や検証者が要求した場合に(一年前あるいはさらに前のものを見たいと要求されることがよくありますが)すべての過去の証跡を取り出すことができます。

Rocket Servergraphログには、ログインやトラップへの変更、レポートの設定など、アプリケーション内のユーザーアクティビティも表示されます。

開発プロジェクト全体での完全なログ機能

Rocket® Aldon Lifecycle Managerは、ALMアプリケーション自体の管理と同様に、開発プロジェクト全体でログ機能を利用します。

事前にロードされたレポートテンプレートは、すべての監査、検査、およびセキュリティ管理の要件をカバーします。セキュリティとコンプライアンスによく使用されるレポートには、リリースごとに関連付けられたアクセス権、カスタムロール内で定義されたアクセス許可、および一定期間にわたるユーザーアクセス権やロールベースのアクセス許可の変更のログなど、詳細なユーザーアカウントリストが含まれます。これらのログは、職務の分離を維持するための適切に制限された読み取り専用の権利を持つレビューアーが生成することができます。

コードのチェックアウトやチェックイン、移行、レビュー、承認など、すべての開発活動も同様に記録されます。これらの詳細なレポートは、すべての開発アクションをエンドツーエンドで記録し、変更管理の運用の有効性を監視し、監査者や検証者に必要なものすべてを提供することができます。

すべてのAPI呼び出しとデプロイを監視する

Rocket® APIのログ機能を使用すると、システムを介して実行されるすべてのAPI呼び出しの詳細を記録し、ユーザーが機能にアクセスし、アクセスされるデータ、読み書きされる値、および関連するメタデータを表示できます。この詳細なログにより、多くのデータセキュリティ規制の重要な要素である機密データへのあらゆる種類のアクセスについて報告することができます。

メインフレームへのAPI呼び出しに加えて、Rocket Access and Connectivity Hub(RACH)監査ログは、コンパイルされたAPIのアップロードとデプロイメント、アプリケーション自体の管理などを含み、すべてのアクセスとアクティビティーに対する個々のアカウンタビリティーを提供するもので、アプリケーション内のすべてのユーザー・アクティビティーを記録します。

すべてのMainstarおよびOpenTechアクティビティをホストシステムに安全に記録し、報告します

Rocket MainstarおよびOpenTechを介してIBM z 環境で実行されるすべてのアクションは、Resource Access Control Facility(RACF)内に記録され、機能を実行する個々のユーザーについて追跡可能です。MainstarおよびOpenTechユーザーの操作に影響を与える可能性がある Security Authorization Facility(SAF)内のアクセス権の変更も記録されます。これにより、データの可用性と整合性に影響を及ぼし、保守を容易にするためにホストシステムのログに統合されているアクションの監査証跡が確保できます。System Management Facility(SMF) は、管理アクティビティーを安全に記録し報告する方法を提供します。

ホスト環境でのネイティブログと監視の活用

Rocket® BlueZoneは、ホストシステムへの端末ユーザーのためのリモートインターフェースを提供し、ホストシステムに備わるログメカニズムを使っては、BlueZoneセッションを通じて行われたすべてのアクティビティを記録します。BlueZone独自のログ管理機能を保守する必要はありません。既存のログとレポートですべて確認できます。

お気軽に電話にてお問合せください: 日本:045-670-8900(代表) 045-670-8901(技術支援)