Rocketテープ移送プロフェッショナル・サービスが選ばれる理由

Rocketテープ移送プロフェッショナル・サービスが選ばれる理由

短期間でROIを実現

経験豊かなスタッフが、サポートされているテープ装置であれば、物理装置か仮想かに依らず、どんなデータセットもテープ間でデータ移送します。

低記憶密度のテープから大容量の物理テープへ、あるいは仮想テープ・ライブラリーへ費用対効果の高いデータ移送を行うことができます。 また、仮想テープ・ライブラリー間のデータ移送も可能です。

データ移送プロセスについては、お客様の業務の停止が最小限になるプランを示し、お客様のテープ・デバイスや仮想テープ・ハードウェアのROIを最大化し、維持コストを削減します。

柔軟なデータ移送

新しいテープ・メディアへの移送には、テープ・フォーマットの変更、新しいテープ・ライブラリーやデータ・センターへの移行など、様々なケースがあります。 

テープ移送プロフェッショナル・サービスでは、データ・セット名やパターン、有効期限日、作成日、無操作日数、ATL/VTL場所、データ・セット・サイズ、VOLSER/VOLSER範囲、作成ジョブ名またはプログラム、MVSカタログ、アウトコードなどに基づいて、複製または移送するテープ・データ・セットを選定します。

多数のデータ・タイプ、テープ管理インターフェース・システム、ATLインターフェースの間のデータ移送などがサポートされています。

データとメディアの整合性

データ移行プロジェクトで大切なことは、移行完了後のデータの整合性と可用性です。  当社のサービスでは、適正なオプション選択と変換機能によりテープ間のデータ移送中の破損と損失を防いでいます。 I/Oエラー、マルチボリューム・データ・セットの欠損などのエラーが発生しても、カタログやテープ管理システム・カタログ(TMC)のクリーンアップを手動で行う必要はありません。  当社のサービスは、テープの品質がデータ保管用のメディアとして信頼できるかどうかを判断し、「標準ラベル」または「ラベルなし」のテープとして初期化します。

メタデータの保護

 データ・セットに関する情報であるメタデータを保護することは重要です。 入力レコードのデータ・セット名、作成日付/時刻、最後に使用された日付/時刻を保存するために、テープ管理カタログの情報が出力レコードにコピーされます。 全てのシステム・カタログの更新が行われます。  テープ・メタデータは、テープ管理システムがテープ上のデータの保管と有効期限を管理するために使われます。  メタデータを失うと、テープが抹消されたり、保管庫へ送られずに、データの損失や破損データの回復ができなくなる恐れがあります。

Rocketのトレーニングとプロフェッショナル・サービスに興味をお持ちですか?