データ仮想化

データ仮想化

場所や形式に依存しない、リアルタイムでデータへのユニバーサル・アクセスを可能にする業界唯一のメインフレーム常駐型のデータ仮想化ソリューションです。 データ・コピーをなくし、メインフレームTCOを劇的に削減します。

詳細

データ仮想化

Rocketのデータ仮想化ソリューションが選ばれる理由

アジャイル

いかにデータをすばやく統合して共有できるかによって、ユーザーや、ビジネス、そして市場の変化に適応できるかが決まります。 今日のITアーキテクチャーは、クラウド、モバイル、アナリティクスを含む、幅広い要件をサポートしなければなりません。  単なるデータ移動によるデータ・インテグレーションは、リアル・タイムで一般的なデータ・アクセスに関する標準を満たすには、あまりにも柔軟性に欠けます。 Rocketのデータ仮想化ソリューションは、データを移動せずに、データの場所や形式、インターフェースを意識させない、よりアジャイルなアクセスを提供します。 

メインフレームへのアジャイルなクラウド・アクセスが必要ですか?

Rocket Mainframe Data Service for Bluemixをご覧ください。 

最新テクノロジー

過去のデータ統合の方法にとらわれて、データ戦略を決めるべきではありません。 データ・アクセス方法が固定されている、あるいはETLやデータウェアハウジングに依存する手法で、リアルタイムで正確に情報を処理するには無理があります。 また、データ量が多すぎて、短時間でコピーしきれない場合も考えられます。 データの仮想化はユニバーサル・データ・アクセスのための最新の手法です。 異種データ・ソース (メインフレーム、分散型、NoSQL)をそれぞれ元の場所に残したまま仮想的に結合できます。 「複雑でコストのかかる」方法の代わりに、「アジャイルかつリアル・タイムな」方法で、仮想的にデータをクラウド、モバイル、アナリティクスへと移動します。このアプローチは、データのコンシューマーを実質的に情報ソースに近づけるという思想です。    

ユニバーサル・アクセス

今日の情報は広範にわたって分散しており、さまざまなプラットフォーム、形式、場所に散らばっています。 このため、ばらばらに分散しているデータから、顧客やビジネスに関する総合的な知見を得ることは困難です。  データの仮想化を行うことで、データがどこにあり、どのシステム上であるか、アクセスするにあたってどのインターフェースが必要かなどといったことを意識せず、データのユニバーサル・アクセスが可能になります。 データ仮想化では、統合されたデータのビューを提供するために、データ・ウェアハウスを物理的に作成する必要はありません。 クラウド、モバイル、アナリティックスのような優先度の高いプロジェクトでは、データ仮想化を使って、データ・ソースを論理的に一箇所に集約します。これは、最終的には、情報が高速かつ低コストで共有できることにつながります。

始めませんか?

Welcome to the
Rocket Contact Center
Live chat is unavailable at this time. Please check back later or try another method of contacting us.
Toll-Free:
+1 855 577 4323
Local USA:
+1 781 577 4323
support@rocketsoftware.com