監査準備の簡素化

監査要件を満たし、稼働時間を改善し、セキュリティを強化する

ほとんどの企業のバックアップ環境は、ざまなベンダーの複数のツールセット、スケジューラ、ストレージ環境が含まれています。ガバナンスとコンプライアンスの要件を満たすことは、エンドツーエンドのレポート作成に必要な厳格さとビジネスチャンスのバランスを取るために苦労している多くの組織にとって難しい課題です。

Rocket Servergraph ウェビナー
アクセス制御

Servergraphのベストプラクティスと自動化の組み合わせにより、社外向けと社内向けの文書化とレポート作成が簡単になり、ITスタッフは業務に専念できます。

Servergraph は、ユーザー・アカウントとアクセス権管理の目的で Microsoft Active Directory と連動することができます。Servergraph は、カスタマイズ可能なロール・ベースのアクセス管理を、さまざまなユーザーやバックアップ・システムに適用することができます。各ユーザーには、バックアップ・プロセス、デバイス、レポート、およびアクセス権の「スコープ」を複数割り当てることができます。これにより、ユーザーがアクセスを許されたデータとアクションを指定することができ、監査担当者やアプリケーション管理者、レポートレビュー担当者などの特殊な役割も管理できます。

監視とレポート

監視/レポート機能は、すべてのバックアップ・アプリケーションからログを収集し、効果的な集中管理を実現します。リアルタイム・アラートとスケジュールで作成するレポートは、レビューアに自動配信用できます。収集したログのアーカイブはServergraph内で必要な期間保持されます。期間はカスタマイズ可能です。これにより、過去の証跡が必要に応じて利用できるようになります。

データの暗号化 

バックアップ・システムへのServergraphの接続は、要件に応じてさまざまなプロトコルをサポートしますが、セキュアなSSHバージョン2プロトコルがよく用いられます。すべてのセッションは認証を必要とし、不正アクセスや傍受から保護されています。