Rocket Mainstar Volume Clone and Rename for Db2

数分で Db2 サブシステムを複製

多くのアプリケーションでは、IBM® Db2® サブシステムのクローン作成が求められます。Rocket® Mainstar® Volume Clone and Rename により、Db2 サブシステム全体を数分ですばやく簡単に複製できます。今までのように数日ではありません。本番または開発環境のコピー、リカバリー、レポート作成やテストの際に、すべてのデータ、または特定のテーブルやインデックスを選択して複製が行えます。

Rocket Mainframe
処理時間を短縮。リスクを低減。Db2 のパフォーマンスを向上。

現在の技術では、IBM® z/OS® データのクローン作成には約半日かかります。Db2 のクローン作成への需要がますます高まっている今、ダウンタイムを最小限に抑え、データ複製を自動的に行えるツールが必要です。Rocket Mainstar Volume Clone and Rename Db2(VCR)を使えば、、Db2 サブシステム全体を複製したり、簡単に特定のテーブルとインデックスを選択することができます。Db2 の稼働時間をそのままに、リソースの使用を抑え、DB のパフォーマンスを向上させます。
 
さらに、Db2 のダウンタイムを最小限にします。VCR は、重要なアプリケーションを中断することなく、本番システムからデータをコピー先へ複製できます。データベース管理システムで24時間365日の可用性をサポートするために、Db2 システムの複製とデータ更新を、システムに影響を与えることなく高速で実行します。VCR はストレージが持つ高速複製機能を使用して、ホスト CPU や I/O リソースを使用せずにデータをコピーします。複製した Db2 メタデータおよびデータ・セットの名前を変更し、同じシステム上、または共有システム上で使用できるようにします。

Db2 システム・クローンを使用して本番環境のパフォーマンスを向上させ、「読み取り」速度を改善します。複製した Db2 システムを使い、データ・ウェアハウスを本番環境に移す前にプロシージャとシステムの整合性の検証をするなど、必要なテスト・保守環境が簡単に構築できます。