Rocket Mainstar FastAudit

IBM z/OS環境でのデータ消失を防ぐ

Rocket® Mainstar® FastAudit は、IBM®z Systems® の高速で正確で柔軟な監査を可能にするデータ統合ソリューションであり、単一障害点を削減または取り除きます。ストレージ管理者は、環境のメタデータを把握することにより、データ・アクセスの中断や障害を未然に防ぐことができます。高速で正確なメタ・データ監査により、IBM® z/OS® 環境はいつも正常に保たれます。

Rocket Mainframe
簡単で迅速な監査により、停止を避け、データの完全性を保証する

迅速で正確で信頼性の高い監査がないと、IBM Z のデータだけでなく、移行されたDFSMSおよびDFSMShsmデータへのアクセスが失われる危険があります。典型的なメインフレーム環境では、DFSMShsmは数十万〜数百万のデータ資産を管理します。データ量が増加すると、DFSMShsmの役割はますます重要になります。FastAuditを使用すると、DFSMShsmをスムーズに正確に実行し続けることができ、最小限の時間とリソースで目標を達成できます。

重大な停止を回避するには、強力で簡単に使用できる監査と保守プログラムが必要です。Mainstar FastAuditを使用すると、メタデータ構造の健全性を追跡し、ビジネスクリティカルなデータの監査に優先順位を付け、エラー修正をカスタマイズして自動化することで生産性を向上させることができます。不完全で不要なレコードを読み込むCPUコストを判断し、組み込みのエラー検証プロセスなどを使ってデータの整合性を維持します。

早期に破損の問題を特定し解決する

Mainstar FastAuditはDFSMShsm AUDITおよび拡張AUDITコマンドよりも60倍以上速く、場合によっては150倍高速で、処理時間が長い場合でもメタデータ監査を頻繁に実行できます。データ破損の問題を早期に特定して解決し、データの紛失や意図しない重複を避けます。初心者でも経験豊富なストレージ管理者でも、生産性の向上と制御が可能です。