メインフレーム・データ統合

大規模なメインフレーム・アプリケーションを拡張

今日のデータベースは、実行速度はもちろん、容易にアクセスできることが求められます。企業内の、そして世界の、どこからでもアクセスできることが大切です。アプリケーションは稼動しているプラットフォームに関わらず、LAN や WAN そしてインターネット上に存在するデータやメッセージおよびプログラムへ、透過的にアクセスできなくてはなりません。

Rocket Mainframe
いつでも、どこでも、メインフレームのデータへアクセス

Rocket® M204® 製品は、高性能で大容量のDBMSソリューションとして、全企業レベルでメインフレーム・データへのアクセスを可能にします。

クライアント/サーバーとインターネットのアーキテクチャをフルに活用することができます。Connect テクノロジーにより、業界標準のODBCやJDBCを使用して Model 204 へ接続できます。デスクトップ上のビジネス・アプリケーションからサーバー上の Model 204 のデータをアクセスできます。つまり、既存のアプリケーションを最大限活用し、データの不要な拡散を防ぐことができます。

ブラウザからアクセスできる、高速かつ安全でスケーラブルな Web アプリケーションを作成することができます。また Java 接続を使用すれば、、巨大なデータベース上で OLTP や OLAP 操作を高速に実行することができます。また、IBM® MQ サポートしているため、Model 204 からネットワーク上の他のアプリケーションとの間で、メッセージ交換をすることができます。

お気軽に電話にてお問合せください: 日本:045-670-8900(代表) 045-670-8901(技術支援)