Rocket Discover for IBM i

IBM i のデータが活用できるビジネス・ユーザー向けのセルフサービス型のBIツール

Rocket Discover for IBM i を使えば、IT担当者の手を煩わせることなく、ビジネス・ユーザーがデータから知見を得ることができます。データ準備、データの深掘りと可視化などが、簡単なインターフェースを使って行えます。IBM® DB2®、IBM® i、SQL Server、Oracle® データベースなど、多種のデータソースを容易に利用できます。ビジネスに今必要な知見を、データからすぐに得られます。

IBM i 向けのセルフサービス型BIツール
数分でデータ傾向が見えます

経営者、管理職そして担当者が、数分でデータを可視化し、その傾向を知ることができます。誰でもダッシュボード上にグラフやチャートを表示することができるので、IT 担当者の手を煩わせる必要はありません。複数のデータソースからデータを集め、ダッシュボードに表示できます。また、それによって得られた知見をチーム内で共有することができ、リアルタイムで課題や、傾向、次のステップについて議論することができます。

ビジネスの決断を必要とする場面で、明確なデータに裏打ちされた知見は何よりも価値があります。データを多くの視点から見ることにより、一部の偏ったデータからの思い込みをなくす事ができます。クリック一つで、データを共有できます。

極めて高いセキュリティー・レベル

Rocket Discover for IBM i のセキュリティー機能により、部外者からデータは完全に隔離されます。Rocket Discover は LDAP に対応しているため、ユーザーログインの認証・承認が確実に行えます。

Rocket Discover for IBM i を使えば、IT担当者の手を煩わせる必要はありません。一般のビジネス・ユーザー自身がデータを扱えるようになるため、IT担当部署は他のプライオリティーの高い業務に専念することができます。データ準備をするにあたって他のツールは不要です。余計なコストはかかりません。ダッシュボードは定期的に自動更新できます。Discover は常に最新のデータを反映します。

データのハイブリッド・アクセス -- データをメモリーに常駐させて高速にアクセスする方法と、毎回データソースから取り込む方法が選べます。システムに不要な負荷をかけさせない工夫です。万全なセキュリティー管理のもと、ITコストを削減し高いパフォーマンスを発揮できます。