リアルタイム・データから顧客への洞察を強化して販売を強化

データソースを仮想的に組み合わせて、顧客の情報を一つに

貴重な顧客情報がメインフレームにあります。メインフレームのトランザクション・データにリアルタイムでアクセスせずに、顧客の総合的なイメージを掴むことは困難です。Rocket® Data Virtualization は、データとメインフレームの仮想的で統合されたビューを作成し、セールスやマーケティングがより適切でタイムリーな提案を行え、売上にも影響を与えます。

 

これまで以上に顧客を知る

クレジットカードを通す都度、オンラインで購入する都度、顧客に対する新たな洞察を提供します。ソーシャルメディアの投稿、地域、ブランドの好みなどのデータソースが豊富な場合も、リアルタイムのトランザクションデータを使って、顧客の好みを予測し、ターゲットを絞ったマーケティングを行うことができます。

Rocket Data Virtualization を使用すると、コールセンター、モバイル・セールスフォース、ビジネス・インテリジェンス・アプリケーションにメインフレームと他のデータを即座に組み合わせて提供し、顧客に対するこれまでにない洞察を得ることができます。

顧客を惹きつけ、取り込み、維持する

競争の激しい今日の市場では、顧客を継続的に引きつけるのはますます難しくなっています。ビジネス・リーダーは顧客の好みを知り、マーケティング活動をより効果的にするため、リアルタイムのデータと分析に注目し、それを活用しています。残念ながら、古いデータ・アーキテクチャーでは、複数のデータ・フォーマット(メインフレーム、リレーショナル、非構造化)をリアルタイムで統合する方法がありませんでした。

Rocket Data Virtualization(RDV)は、メインフレームのデータを活用して、顧客にタイムリーな製品を提供する知見を引き出します。RDV を使用すると、データから得た知見により、顧客をよりよく理解し、満足度を高め、売上に貢献することができます。

お気軽に電話にてお問合せください: 日本:045-670-8900(代表) 045-670-8901(技術支援)