極めて低い維持・管理コスト

年間メンテナンス・コストを大幅に削減

セキュアで軽量で高機能な Rocket® BlueZone® 端末エミュレーターは、柔軟なライセンス体系により総所有コストを大幅に削減します。多くのお客様は、導入した最初の年からコストが削減でき、その後毎年の保守コストの削減を見ています。

Rocket 端末エミュレーターが選ばれる5つの理由
ライセンスとメンテナンス費用を削減

Rocket® BlueZone® は、端末エミュレーターの総所有コストを大幅に削減し、既存の製品の置き換えに最適のソリューションです。柔軟なライセンス体系により、端末エミュレーターのメンテナンス費用を大幅に節約できます。

変換ツールやベスト・プラクティスなど、移行作業に必要な専門知識を豊富に持つため、移行に際してのリスクを最小限に抑えられます。旧来のエミュレーターよりもライセンスとメンテナンス費用が低く、同時接続数またはユーザー数に基づくライセンスを提供しています。バージョンアップは常に無料です。

複数の端末プロトコルとセキュア FTP 接続がサポートされています。ユーザーは好きな数だけ接続を行うことができ、別製品を購入する必要はありません。

管理コストも削減します。ソフトウェアの配信は集中管理され、ネットワーク管理とサポートのオーバーヘッドを軽減します。一方、ソフトウェアは非常に軽量で、ストレージ要件は最小限に抑えられています。Web-to-host、組み込みWeb-to-host クライアント、デスクトップ・クライアントなど、デプロイ方式に関係なく、同じ操作で使用することができます。