Rocket B2B サプライ・チェーン・インテグレーション

Rocket TRUfusion Enterprise

サプライチェーン内での製品設計ファイル授受を自動化し管理

Rocket® TRUfusion Enterpriseは、サプライチェーン・パートナーやお客様との間で製品設計ファイルの交換を自動化し、制御・管理します。危険が多いメールやFTPに代わり、標準化された正しい管理のもと、最適なプロセスでデータ授受を行いましょう。時間短縮や経費節約になることは言うまでもありません。

お客様の貴重​​な知的財産を安心して相手先と送受信して頂けます。

Rocket TRUfusion Enterprise Teamcenter 連携
開発業務の効率化

顧客やサプライヤーとの間のCAD、PDM、PLMファイルやメタデータの授受は重要なプロセスです。設計者、エンジニア、バイヤーがそれぞれ異なるツールを使用して作業する場合、プロセスが円滑に機能しないという問題があります。その結果、スキルの高い人材が、もっと重要な仕事をしなければならないときに、ファイル交換の作業に時間を取られてしまいます。

TRUfusion Enterprise により、製品設計ファイルの交換の自動化および管理が可能になり、貴重な時間と資源を重要な仕事に充てることができます。本製品を使うと、それぞれ異なるツールを使って行うCADおよび関連製品の設計ファイルのオーサリング、管理、チェック、変換、転送処理を繋ぎ、一つのジョブとして扱うことができます。

TRUfusion Enterpriseにより、作業効率が最大80%まで向上し、平均的な製品設計ファイルの転送時間は1分以下と、大幅な時間短縮が図れます。生産性が向上するのはもちろん、正しい形式のデータをタイムリーに転送することにより、製品設計の効率化をはかれます。

メールやFTPより高速で安全

メールやFTPで自社の製品データやビジネス情報をやり取りするのは、好ましくありません。自社の組織の中で重要な情報をコントロールするのは可能かもしれませんが、いったんその情報が外に送信されたら誰もコントロールできません。メールは安全と言えませんし、間違った宛先に送られる恐れがあります。FTPは操作が面倒なうえ、ネット上では危険にさらされています。どちらもデータ漏洩の原因となりえます。さらに問題なのは、送信されたデータが不適切な相手に渡ったり、きちんと届かなかったとしても、それを追跡・確認する有効な手段がありません。

TRUfusion Enterprise は危険を伴う、場当たり的な手段に代わり、自動化、標準化され管理の行き届いたソリューションを提供します。Rocket TRUexchange と組み合わせると、Rocket TRUfusion Enterprise はサプライチェーン内の取引先とグローバルにデータの送受信が行え、CAD、PDM、およびPLM ツールや通信プロトコルの違いを越えることができます。Rocket TRUfusion Enterprise は、CAD や PDM、PLMと連携し、お客様の要件に応じて簡単に構成可能です。

TRUfusion Enterprise では、誰がどんなデータを、いつ、どの相手と送受信したのか一目で分かります。高度な暗号化を使い、ファイルや知的財産を守ります。