Rocket B2B サプライ・チェーン・インテグレーション

Rocket TRUcentrix

取引先との安全かつ生産的コラボレーション

Rocket® TRUcentrix は統合型の、コラボレーションおよび処理自動化ソリューションです。取引先や顧客がどこにいても安全にデータ交換が行えます。

単純な MFT(管理ファイル転送)から複雑な、企業間のワークフローまで、TRUcentrix は優れたROI(対投資効果)を持つ、統合型のセキュアなB2Bプラットフォームです。

情報の流れを最適化し、取引先との業務を円滑に

今日の製造業に求められるのは、戦略的な協業関係と世界規模のサプライ・チェーンへの対応です。複数企業にまたがるプロジェクトでは、協力体制の強化とリアルタイムの現状把握・問題解決が求められ、そのためにはオンライン環境へのセキュアなアクセスが必要です。

Rocket TRUcentrix はISO、ITAR、APQPなどの標準規約に準拠し、ワークフローの統合と処理の自動化を行うため、取引先とのコラボレーションが円滑に行えます。オンラインで共有するデータを制御、管理できるため、どの情報を世界各地のどの取引先と共有するかを決められます。簡単に文書の改訂履歴が確認でき、重要なアクション項目の管理が行えます。

「セキュア・オンライン・プロジェクト・エリア」を作成しすれば、簡単にデータのアクセス権を設定でき、すぐにコラボレーションを開始することができます。ファイルサイズや形式に関わらず、プロジェクトに参加している他のパートナーなどとファイルを共有することができます。全ての処理は記録の対象となります。ドキュメントのバージョン管理や履歴管理が徹底され、重要なアクションを把握することができます。リアルタイムでプロジェクトのデータとステータスを確認することができるため、プロジェクトのメンバー全員の意思統一が図れます。

コンテンツ管理や他企業とのコラボーレーションなどを取り巻くビジネス・プロセスの課題に対し、TRUcentrix は低コストで有効なソリューションといえます。

柔軟に拡張可能

TRUcentrix は多機能なため、RFQ 処理の自動化をはじめ、取引先とのコラボレーションやサプライヤーの品質管理のツールとして使用できます。セキュリティおよび管理機能のフレームワークにより、ITARなどの情報セキュリティ関連の法律を遵守して業務を遂行することができます。

統合もセキュアに行えます。TRUcentrix は既存のLDAPやアクティブ・ディレクトリーと連携し、ERPやPLM システムに安全に接続できます。大事な内部アプリケーションにリモート・ユーザーが直接接続することなしに、必要なデータをアクセスすることが可能になります。さらに、TRUcentrix は、ブラウザーを使ってモバイル機器からアクセスできます。

サプライヤー登録と資格認定