Rocket B2B サプライ・チェーン・インテグレーション

B2B サプライ・チェーン・インテグレーションを簡単に

製品データや重要なビジネス情報を管理し、効率よく交換します。

サプライ・チェーンの自動化のためのビジネス・プロセスに力を注いで来られたことでしょう。製品データや重要なビジネス情報を管理し、効率よく交換する方法については、まだ課題が残っています。Rocket® B2B サプライ・チェーン・インテグレーションは、取引先の地理的な距離、技術的な違い、規模の大小をを問わず、統一された簡単な方法で情報を交換できます。

B2B サプライ・チェーン・インテグレーション
EDIとマネージド・ファイル転送を簡単に。

電子データ交換(EDI)を使ってデータを効率よく、正確に交換します。多くの会社は自社でEDIソリューションを開発することはありません。しかし、製造業、サプライヤー、小売業などにおいて国境を越えてデータ交換する際に、EDIは非常に有効な手段です。Rocketのソリューションは、大変使い勝手の良いEDIソリューションです。面倒な作りこみや、IT部門の手を煩わせる作業なしに導入できます。
 
Rocket EDIは、簡単に導入でき、その後の設定変更も容易に行えます。社内ERPシステムと連携して処理の自動化も可能で、データ交換に必要なプロトコルと処理を一手に引き受けることができます。高速で安全なデータ送受信、そして通信記録の閲覧が簡単に行えるため、コスト削減とともに、手作業で生じるエラーの排除に貢献します。
 
データやファイルを共有するのにEメールやFTP、無料のオンライン・サービスを使っていませんか?Rocketが安全なマネージド・ファイル転送の構築をお手伝いします。Rocketのマネージド・ファイル転送 (MFT)製品を使うと、相手先と安全にすばやく機密情報を共有することができます。安全で、企業に必要なコンプライアンス遵守を考慮した使い易いWebベースのファイル共有のための製品です。

サプライ・チェーンの取引先とのファイル授受とコラボレーション

多くの企業では、製造業者、サプライヤー、小売業者などとの重要なファイル授受の際に、多大なコストを掛けています。この問題は設計者や、技術者、購買担当者など、人件費のかかる個々の要員に任され、同じ処理をするために複数のツールが混在することに起因しています。Rocketのソリューションは、取引先とのファイル授受を自動化し、業務の効率化に貢献するソリューションです。

簡単に導入でき、その後の設定変更も容易に行えます。単純に相手先にファイルを転送することから、サプライ・チェーンの取引先との間で、安全に設計データの自動送受信を行うことまで可能です。ERP システムや PLM (製品ライフサイクル管理) システムとの連携も可能です。Rocketは、企業を超えて取引先とファイル、アイデア、ステータスの交換を行うのをお手伝いします。ISOやAPQP、ITARなどの規制への準拠をサポートするとともに、ワークフローとの連携やプロセスの自動化を実現します。

データ交換の高速化、トランザクションの可視性の向上、製品設計プロセスの効率化、コンプライアンス強化、コスト削減といったメリットが得られます。