端末エミュレーション

一つで複数アプリケーションに対応

ひとつのエミュレーターで、すべての端末ベースのアプリケーションにアクセス

一つの端末エミュレーターで、3270、5250、VT 52/100/220/320/420、ANSI、SCO-ANSI、WYSE 60、HP のキャラクター・モードとブロック・モード、そしてセキュア FTP接続が利用できます。ユーザーごとの接続数に制限はありません。複数のプロトコルをサポートするので、別々の追加製品を購入する必要はなく、別々のライセンスを購入する必要はありません。

Rocket 端末エミュレーターが選ばれる5つの理由
無駄がなく高機能

Rocket 端末エミュレーターは、Web を想定して作られています。不要な機能を削除し、必要なものはすべて備えています。。ビジネス・パートナーに社内データの一部を公開する場合でも、単にシステム・リソースの消費を抑える場合でも、web-to-host 端末エミュレーターならば簡単に実現できます。ニーズの変化に合わせて、Web 版とデスクトップ版のエミュレーターのどちらでも、円滑かつコストをかけずに選択することができます。

IBM Graphical Data Display Manager(GDDM)、62 x 160 の画面サイズ、複数セッション、ファンクション・キー・マッピングなど、アプリケーションで使用される主要なディスプレイおよびプリンタ機能もすべてサポートします。

簡単で柔軟な設定作業

他社の端末エミュレーターでは、特に数百または数千のユーザーが複数のサイトにまたがっている場合に、インストールと設定作業に多大な労力を必要とします。つまり、端末エミュレータをインストールして構成するために、すべてのユーザーのコンピュータの一つ一つを変更しなければなりません。また、移行のためにハードウェアの買い換えが必要になり、さらにコストが増えることがあります。そんな必要はありません。Rocket 社のソリューションなら:

  • 軽量: 旧式のエミュレーターとは異なり、メモリー消費が少ないだけではなく、導入の手間やディスク消費も格段に減少しました。ブラウザー・ベースのエミュレーターの場合、ダウンロードが必要なファイルの大きさは約2.5 MBです。
  • 柔軟: ソフトウェアは Web サーバー(WebSphere、NT、メインフレーム、iSeries、UNIX)から配備できるため、追加のハードウェアまたはソフトウェアの購入は必要ありません。
  • 豊富な機能: 組み込みの Web 機能、自動アップグレード機能、およびデプロイと設定の集中管理を行う機能を持っています。
  • 簡単: ソフトウェア配布は簡単かつ低コストです。ユーザーがリンクをクリックするだけで端末エミュレーターが起動します。
  • 効率的: 個々のコンピュータごとに、端末エミュレーターの設定を行う無駄を省けます。構成ファイルを使用しているので、ユーザーはダウンロード開始のリンクをクリックするだけです。リンクがクリックされると自動的にダウンロードが始まり、設定済みのソフトウェアがダウンロードされます。