IBM i ソリューション

ユーザーと顧客のエクスペリエンスの向上

世界中の何千もの企業が、30年前に書かれたIBM i(AS/400)の実績のあるアプリケーションを使い続けています。これらのアプリケーションは堅固なものですが、グリーンスクリーン・インターフェースを若い人が学習して扱うにはが厳しいものがあります。さらに、Webやモバイル開発者は、ビジネスロジックとデータを新しいプロジェクトに統合するのに苦労する可能性があります。何もしないと、最終的には生産性の低下、顧客の喪失、労働力の減少がもたらされます。解決策は?

複雑で高価で時間がかかる完全な置き換えの作業は失敗に終わったり、最終的に容認できないレベルのリスクをもたらす可能性があります。幸いにも、ハードウェアを交換したり、アプリケーションを書き換えたりせずに、IBM iの投資を保護することが可能な低コストのオプションがあります。

グリーンスクリーン・インターフェースを素早く簡単に活用

Rocket® LegaSuite® Webを使用すると、重要なバックエンドアプリケーションをWeb化て、ユーザーがWebブラウザやモバイルデバイスからアクセスできるようになります。LegaSuite Webは、ドラッグ・アンド・ドロップ型ツールとランタイム・コンポーネントを使用し、短時間かつ簡単にWeb開発ができ、IBM iベースのアプリケーションをHTML5 Webアプリケーションとして、再利用できるようにします。LegaSuiteは、他のソリューションとは異なり、コードをインストールまたは変更することなく、これまでに開発したものを活用できます。また、もとのアプリケーション画面すべてを自動的に抽出して最新のユーザーインターフェースと同期させることができ、企業内で一貫性を保ち、変更を整合します。

開発者がアプリケーションデータとロジックにアクセスできるようにする

顧客は新鮮で新しいデジタルとモバイルのエクスペリエンスを期待しています。しかし、実績のあるシステムをWindowsやLinuxシステムに置き換えることは、費用がかかり、リスクが高く、運用コストが3倍以上になる可能性があります。Rocket® APIは、クラウド、モバイル、セルフサービスアプリケーションなどあらゆる場所で、ホストアプリケーションに保存されている貴重な情報のしばりを解き、事実上どこでも使えるようにします。アプリケーションやデータ、ロジックをAPIにラップすることで、経験の浅い開発者であっても、基盤となるソースコードを変更するというリスクを冒さず、IBM i アプリケーションに基づいた新しいWebやモバイルエクスペリエンスを作成できます。

Rocket API を使用すると、SOAPやRESTfulサービスを利用してIBM iシステムを最新のAPI対応プラットフォームに変えることができ、コアとなるビジネス機能をWebやモバイルエクスペリエンスに簡単に統合できます。組み込みの機能により、コードの変更によってAPIとそれを呼び出すアプリケーション間の接続が切断されることはなく、完全な置き換えに伴う時間、コスト、リスクなしにモダニゼーションすることができます。Rocket APIは、新しいアプリケーションコードを書く必要がなく、ノーコード/ローコードモデルで現在のアプリケーションインフラストラクチャーに適合します。

従業員の定着率を高め、トレーニング時間を短縮

IBM iアプリケーションのフロントエンドの更新はモダニゼーションの取り組み全体の一部にすぎませんが、コストを削減して生産性を向上させる最も重要な方法の一つです。直感的なインターフェースは、トレーニングが必要なことが少なく、入社時の教育も短く、トレーニングコストを抑えられます。また、ユーザーは短時間でより多くの作業を行うことができます。たとえば、コールセンターのスタッフが、インタフェースとナビゲーションにすぐれた直感的なツールを使うと、収益が上がり、間違いが少なくなり、顧客満足度の向上に繋がります。

お使いのお客様

関連製品
お気軽に電話にてお問合せください: 日本:045-670-8900(代表) 045-670-8901(技術支援)