ETLのためのデータ移動のコストと複雑さを削減

データ仮想化ソリューション

ETLのためのデータ移動のコストと複雑さを削減

費用対効果の高いでデータ仮想化技術による既存のETLプロセスの最適化

大量のデータを毎日移動させると、メインフレームの運用コストが上昇します。20年来、ETLとデータウェアハウジングは最先端の技術でしたが、現在ではモバイル、クラウド、アナリテイクウス等に対応するのに苦労しています。Rocket Data Virtuarization(RDV)は、既存のデータ・アーキテクチャーと、ETLのより高速でコスト効率の高い手段とも統合されています。少ないメインフレームの資源を活用して、アプリケーションのリアルタイムなデータを取得できます。

Rocket Data Virtualization
論理データウェアハウスとしてのコストメリットを認識する

RDVを使用すると、データ仮想化を活用して論理データウェア・ハウスを作成することになり、既存のETLベースのデータ・アーキテクチャの機敏性を向上させることができます。今では、顧客データ、会計および財務データ、ソーシャル・メディアからの構造化されていないデータを含め、物理的な移動なしに、リアルタイムでデータを収集することができます。RDVがエンタープライズ・データの仮想ビューを作成することにより、ETLのようなメインフレーム・コストがかからなくても、顧客の関心や運用上の問題をより迅速に把握できます。

RDVは、データ仮想化技術を使用して、大規模で高コストのETLバッチジョブを置き換えることにより、エンタープライズ・データウェアハウスのライフサイクルを延ばすことができます。メインフレームのデータはメインフレーム内に留まり、機能としてはデータウェアハウス(またその提供するアプリケーション)にまで拡張され、時間とコストを節約できます。