データ仮想化ソリューション

リアルタイム・データから顧客への洞察を強化して販売を強化

異なるデータソースを仮想的に組み合わせて、顧客の情報を一つに

クレジットカードを通す都度、照会をする都度、メインフレームが使われます。メインフレーム・データに簡単にアクセスすることができないと、顧客を総合的に把握することが困難になります。ETLとデータ・ウェアハウスの組み合わせでは、古い情報を提供することしかできません。Rocket Data Virtualizationにより、メインフレームのデータをすぐに入手し、顧客への洞察を高め、リアルタイムでリレーションシップ・マーケティングを推進します。

Rocket Data Virtualization
リアルタイムに知見を引き出す

競争の激しい今日の市場では、顧客を継続的に引きつけるのは困難です。ビジネス・リーダーは顧客の好みを知り、マーケティング活動をより効果的にするため、リアルタイムのデータと分析に注目し、それを活用しています。古いデータ・アーキテクチャでは、複数のデータ・フォーマット(メインフレーム、リレーショナル、非構造化)をリアルタイムで統合する方法がありませんでした。

Rocket Data Virtualization(RDV)は、メインフレームのデータを活用して、顧客にタイムリーな製品を提供する知見を引き出します。RDV を使用すると、データから得た知見により、顧客をよりよく理解し、満足度を高め、売上に貢献することができます。