データ仮想化ソリューション

リアルタイムにメインフレーム・データにアクセスし、デジタル・ビジネスの変革を加速します

メインフレームをWeb、モバイル、クラウドに簡単につなぎます

デジタル化は、社会や仕事のあらゆる面に影響を与えています。Web、モバイル、クラウドはお客様を巻き込み、競争力を獲得する新しい挑戦です。ETLやコネクターを使用した従来のデータ統合の方法は、柔軟性、スピードに乏しく、拡張性もありません。Rocket Data Virtualizationは、新しいデジタル・テクノロジーに必要不可欠なリアルタイム・データを提供します。

Rocket Data Virtualization
メインフレームのAPIを使って開発者の生産性を向上させます

ミレニアム世代のソフトウェア開発者の多くは、メインフレームになじみが薄く、そのプログラミング・スキルも持っていません。Rocket Data Virtualization (RDV)は、アプリケーションの開発者からメインフレーム上のデータ実装を隔離・隠蔽し、RESTのAPIとして公開します。

RDVは、IBM® z/OS® Connect Enterprise Editionとシームレスに連携し、リアルタイムなメインフレーム・データ・サービス・プロバイダーを提供します。さらに、ネイティブ・アプリケーションとデータを検出、結合し、REST APIを介した呼び出しを可能にします。これにより、モバイルやクラウドのアプリケーション開発者は、z/OSサブシステムの内部を理解しなくても、自分のアプリケーションの中にメインフレームのデータとトランザクションを組み込むことができます。