問題を早期に見つけて修正

アプリケーション・ライフサイクル管理と DevOps

問題を早期に見つけて修正

本番でのエラーを防ぎ、停止時間を減らし、企業の評判を維持

テストで特定され解決されたバグが何らかの形で本番で見つかる-それはすべての開発者にとっての悪夢です。問題を修正してパッチをリリースで混乱するだけでなく、お客様が不満を持ち、企業の評判に悪影響を与えるリスクがあります。

ALMとDevOps
ソフトウェアのビルド、承認やリリース処理を自動化

バージョン管理ツールでは、チェックアウト、コミット、マージ、チェックインを通じてバージョン管理を行うことができますが、ソフトウェアのビルド、プロモーション、リリースプロセスでは使えません。Rocket® Application Lifecycle Management (ALM) と DevOps ソリューションは、アプリケーション・ライフサイクル全体を自動化し、開発の各フェーズで手作業なしにリリース・パッケージを移動し、必要なファイルを正しくデプロイします。

Rocketのソリューションは、ソースの変更がコミットされた時点から、ベストプラクティスに基づいて自動化されたワークフローとプロセスを使用してアプリケーションを追跡、管理、デプロイします。ビルドを開始後、ビルドの結果を適切なターゲットにデプロイする前に、Rocket ALM リポジトリにインポートします。自動化されたリリース管理およびデプロイ機能により、正しいリリースを正しい場所に正しいタイミングで行い、本番環境の停止時間を削減することができます。

Webポータルを使用して、どこからでもソフトウェア開発ライフサイクルにおける変更を確認、プロモート、承認、報告することができます。バージョンコントロールの柔軟性があり、付属のRocket ALM と DevOpsのバージョン管理機能やサードパーティー製のツールなど、開発者は任意のバージョン管理システムを使用できます。手作業をなくすことで、ソフトウェアの品質を向上させるとともに、開発時間を短縮することができます。