Rocket社が目指すもの

私たちはビジネスに不可欠なソフトウェアを作っています。

Rocket Software は1990年4月16日、Andy Youniss と共同設立者の Johann Magnusson-Gedda が、これまでとは違うソフトウェア・ビジネスを立ち上げました。ソフトウェア・エンジニアが企業戦略と製品ロードマップを立案し、お客様は特別なパートナーとして扱うべきだと考えたのです。

以来、長年に渡り Rocket 社は成長を続けてきました。毎日1000万人以上の人がRocketのソリューションを利用し、1400人以上の Rocket 社員が世界各地のオフィスで働いています。

世の中は大きく変わりましたが、世界中の企業が日々直面する問題解決のお手伝いをするというミッションは変わりません。今日、Rocket 社のソリューションは、企業のインフラストラクチャー、ビジネス・プロセス、およびデータの活用を支え、それらの資産価値を増すためデジタル化と効率の向上を支援しています。

 

Rocket 社史を見る
  1. Rocket Software

    Rocket Software は、マサチューセッツ州ミリス市にある、創業者であり CEO の Andy Youniss のガレージで生まれました。

  2. Rocket Software

    Computer World 誌に、注目のテクノロジー企業として紹介されました。

  3. Rocket Software

    IBM 社との最初の事業提携を発表しました。Rocket QMF ツールのライセンス契約から始まったビジネスは、企業向けソフトウェア会社としては珍しく、20年以上にわたり成長を続けてきました。

  4. Rocket Software

    Rocket 社のポートフォリオにServergraphを追加し、多くのデータ・アーカイブ環境を集中監視し、レポート作成を自動化することができるようになりました。

  5. Rocket Software

    英国の ASTRAC (Rocket AS) を買収し、メインフレームのデータ・アクセスとアナリティックス分野の製品を追加しました。はじめての海外における開発拠点であり、契約条項の一つとして競走馬を獲得しました!

  6. Rocket Software

    「ネットワーク・トポロジーを決定するための手法およびシステム」で、はじめて特許を取得しました。核となるアイデアは、今でも弊社のネットワーク管理製品 NetCureに使われています。

  7. Rocket Software

    Rocket Mainstar製品を追加し、信頼性の高いメインフレーム環境の処理能力を最大に活かし、システムの最適化とデータ管理ソリューションを提供できるようになりました。

  8. Rocket Software

    BlueZoneLegaSuite製品の追加により、メインフレームと IBM i へのアクセスと、アプリケーションのモダニゼーションが強化されました。

  9. Rocket Software

    Rocket CorVuの追加により、ビジネス・インテリジェンスとアナリティックス製品が強化されました。この買収はまた Rocket 社がオーストラリア市場に進出するきっかけとなりました。

  10. Rocket Software

    Arkivioの追加により、ファイル・アーカイブ機能が簡単に実装できるようになりました。

  11. Rocket Software

    UniData と UniVerse という マルチバリュー・アプリケーション環境を Rocket 社が買収しました。IBM 社がマルチバリュー・ビジネスのパートナーを探し始めたとき、その時点で20年以上にわたるパートナーシップがあった Rocket Software は理想的な候補でした。

  12. Rocket Software

    アプリケーション・ライフサイクル管理ツールであるRocket Aldonを追加し、ソフトウェア品質の改善と、コンプライアンス対応のレポート作成を容易にしました。

  13. Rocket Software

    Rocket 社のポートフォリオにiClusterを追加し、IBM® i (AS/400) の無停止運用を支える、高可用/災害復旧ソリューションを提供できるようになりました。

  14. Rocket Software

    Rocket 社は、マサチューセッツ州ウォルサム市に本社を移転しました。

  15. Rocket Software

    初代の Rocketcaster ギターが IBM OnDemand イベントで披露されました。以来、数十本が作られ、イベントにおける賞品として提供されました。また、何本かはマサチューセッツ州ウォルサム本社の壁に展示されています。

  16. Rocket Software

    Rocket Data Virtualizationを追加し、メインフレーム・データにリアルタイムでアクセスし、不正データを発見し、新たなビジネス・チャンスを見出し、よりパーソナライズされたサービスを提供できるようになりました。

  17. Rocket Software

    Rocket バンドが、バミューダのフェアモント・サザンプトン・ホテルの The Cave でデビューしました。

  18. Rocket Software

    D3を追加し、マルチバリュー・アプリケーション環境のポートフォリオを拡張しました。

  19. Rocket Software

    B2B サプライチェーンを実現する Trubiquity の EDI とデータ共有ソリューションを追加し、ドイツに開発拠点を設けました。

  20. Rocket Software

    日本ではじめての開発拠点を風光明媚な横浜に設けました。

  21. Rocket Software

    世界中の Rocket 社員が、創立25周年を祝福しました。

  22. Rocket Software

    Joe Devlin と Tim Willging を初の Deistinguished Engineer (DE) に任命しました。

  23. Rocket Software

    Andy Youniss が Ernst&Young の2017年ソフトウェア部門 New England 起業家に選ばれました。Rocket 全社員にとって名誉な出来事でした。

  24.  
お客様とパートナー第一主義

Rocket 社は、ユーザーにとって必須な製品を開発することを目指し創設されました。それは今でも変わりません。実際、必要不可欠なソフトウェアの開発は、当社のコア・バリューの一つであり、社員全員がこのことを自覚しています。Rocket 社員はすべて、お客様、パートナー様が第一であると考えています。それが Rocket が設立された理由であり、創立以来の理念になっています。そして、それが当社がお客様やパートナー様から、どのベンダーよりも信頼できるパートナーと評価されている理由です。

当社はソフトウェアをただ販売しているだけではありません。お客様の成功を一番に考えています。お客様がお困りの問題の解決に、私たちは努力を惜しみません。お客様に欠かせないソフトウェアを開発したいからです。

思いやりを持ってお客様に接します。

これは今日多くの企業が目を向けない部分です - そして、Rocket 社が目標とするものです。私たちはお客様のためのソフトウェアを構築しています。お客様が目指すゴールを最優先にし、お客様の成功にコミットします。当社ではお客様とパートナー様を、単に取引先としてではなく大切な個人と認識しています。過去27年にわたって思いやりをもってお客様に接し、信頼を獲得してきました。次の27年間も同じです。